いつもの料理を小鉢に変えるだけで1か月で3キロ痩せました

“「いつもの料理を小鉢に変えるだけで1か月で3キロ痩せました」

某テレビ番組で女優さんが産後の減量に食器を小鉢に変えてみることを実践し効果があったとのことで、同じように妊娠で20㎏を軽く超えてしまった私も実践してみることにしました。出産すれば体重は減るもんだと思っていましたが、生まれた子供はたったの2500gで産後の体重も5キロも減らなかったのです。産後半年が肝心だと聞きあらゆる手段を使ってダイエット情報を手に入れました。その中でも面倒屋の私でも出来そうだったのがこの「小鉢ダイエット」です。
いつも我が家では全員分のおかずを一つのお皿にドーンと盛ってだしていたのですが、これを全員小鉢に変えて一人ずつ出すようにしました。その分常備菜(キンピラ・煮豆など)を数種類作っておき色んなおかずを並べるようにしました。
今までは大皿だったので「早いもの勝ち」という感じでとにかく量を気にせずひたすらおかずを自分の取り皿に取って食べていました。そのため早食いにもなり、量をどれだけ食べたかもわからずお腹のいっぱい具合でごちそうさまをしていました。早食いだと時間が経ってから満腹感が出てくるので、ついつい食べ過ぎた時はあとでかなり苦しくなってから食べ過ぎたんだと実感し後悔することもよくありました。
小鉢にしたことで、おかずの種類も増え、食べ過ぎも防止でき、さらにはゆっくりと食事を楽しむ余裕も生まれました。やはりゆっくり食べるだけでいつもより少量の食事で満腹感が得られることを実感しました。
半年間はこれで徐々に体重を落とし妊娠前の体重に戻りました。
酵素ドリンクで産後ダイエットに挑戦しました
妊娠前もぽっちゃり体型だったので、引き続きダイエットを続けようと小鉢ダイエットを続行しています。体重は減ったり、現状維持だったりしながら月1キロぐらいのペースで減量していきました。MAX70㎏が今は50㎏。今でも現状維持のために小鉢ダイエットを続けています。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です